ハリーペットクリニック
Top Medical Services Hours & Maps About us column Health Libraly Recruit
 
通信「今月のハリー便り」を掲載します

コラムのトップに戻る
-
06.08月号 
うちの子は大丈夫だと思って
気温が暖かくなり、ジメジメと湿度が高いこの時期、大切なワンちゃんやネコちゃんの周りには、たくさんのノミやダニが潜んでいます。
 

ノミ

ノミの卵・幼虫・さなぎは、カーペットやソファーなど、ワンちゃんやネコちゃんたちとは離れた場所で成長し、成虫になると寄生して吸血します。ノミが吸血すると、ノミの唾液によって、ノミアレルギー性皮膚炎にかかることもあります。また、さなだ虫の媒介もします。
ダニ

ダニは草むらや芝など、割と身近な所にいます。1度寄生すると、3〜7日ぐらいは吸血し続け、大量に寄生すると、貧血をおこすこともあります。ダニに刺された部分は皮膚がただれたり、腫れたりすることもあるのです。また、いくつかの感染症にかかることもあります。

★ノミは潰してしまうと、大量の卵が飛び散る可能性があり、ダニは素手で触ったり、無理にはがそうとすると、口の部分だけ残り、病原菌が含まれている体液にふれることがあるので、見つけた場合はすぐ、動物病院に行きましょう。予防は病院に相談して下さい。

つまんじゃダメ 潰しちゃダメ かいちゃダメ
-
-
copyright 2008 Hurry Pet Clinic All Rights Reserved.