ハリーペットクリニック
Top Medical Services Hours & Maps About us column Health Libraly Recruit
 
通信「今月のハリー便り」を掲載します

コラムのトップに戻る
-
08.05月号 

フィラリアとは犬糸状虫という線虫類の仲間です。
成虫は細長くそうめんのようで、体長約15〜30cmまでなります。
フィラリアは感染した犬の血を吸った蚊を媒介して感染子虫として体内に入り込みます。

感染初期は無症状ですが、だんだん咳がでて息が荒くなったりします。そのまま放っておくとお腹に水が溜まったり、意識がなくなるなどの症状が現れやがて死に至ります。

フィラリアに感染した犬の血液を吸った蚊はミクロフィラリアを吸引。

蚊の体内で数回脱皮し、感染子虫となる。

蚊の口先へ移動し、感染する機会を待つ。

刺し傷から体内に侵入。

体内を移行して約3ヶ月で心臓へ・・・

 

心臓に寄生する前に予防薬を投与して幼虫を駆除することが大切です。
予防薬には様々なタイプの薬があります。

月1回、蚊の出始める時期からいなくなった
1〜2ヶ月後まで投与。

6ヶ月有効

皮膚に直接つけるタイプで月1回、蚊の出始める時期からいなくなった1〜2ヶ月後までつける。
予防薬を使う前には血液検査で、体内に子虫がいないか確認することが必要です。

-
-
copyright 2008 Hurry Pet Clinic All Rights Reserved.