ハリーペットクリニック
Top Medical Services Hours & Maps About us column Health Libraly Recruit
 
通信「今月のハリー便り」を掲載します
ハリー便り」は当院の看護士が作成しています。毎月、楽しいイラストとわんちゃんやねこちゃんの役に立つ話などを掲載しています。イラストの中に、毎号「すいか」が登場します。どこかに隠れているかもしれません。探してみてください。
-

当院ではわんちゃん、ねこちゃんの誤飲誤食で来院されることがとても多いです。
お留守番やお散歩中に、口に入れて誤って飲み込んでしまうことがあります。

  予防として・・・
○焼き鳥などの味がついた竹串・針・つり針・がびょう・鳥の骨などのとがった物。
※鳥の骨は縦に裂けるので危険です。
○子供のおもちゃ・ボール・ひもなどのおもちゃ類。
○ラップ・ゴム・ビニール袋など溶けない物。
○チョコ・玉ねぎ・草や葉などの中毒を起こす物。
他にも梅干しの種や桃の種、とうもろこしの芯、豚の耳、お金、ひづめなどのガム、ボタンなどもよくあります。
□普段から口の届かないところに物を置く。
□散歩時にリードを離して自由にしない。
□お留守番などの時はサークルを用いる。
□くわえたら離す練習をする。
□焼き鳥や団子、アイスなどの串物をそのまま手に持って食べさせない。
□ふたのあるゴミ箱を使う。
□テーブルの上に乗せない。  などです。

レントゲンや超音波でわかって吐かせられる場合もありますが、棒などの先がとがった物やひもなどは吐かせる事が出来ません。その場合、内視鏡による除去、もしくは外科手術の適用になります。
早めの対処が必要です!!

 
-
-
copyright 2008 Hurry Pet Clinic All Rights Reserved.