ハリーペットクリニック
Top Medical Services Hours & Maps About us column Health Libraly Recruit
 
通信「今月のハリー便り」を掲載します
ハリー便り」は当院の看護士が作成しています。毎月、楽しいイラストとわんちゃんやねこちゃんの役に立つ話などを掲載しています。イラストの中に、毎号「すいか」が登場します。どこかに隠れているかもしれません。探してみてください。
-

いつも一緒にいる、わんちゃん、ねこちゃんのことをどれだけ知っていますか?
今月は目についてご紹介します!

わんちゃん、ねこちゃんは一般的に近眼で、人の10分の1程度しか視力がありません。人の視力に置き換えると0.2〜0.3程度です。しかし動体視力が抜群のため、動くものに敏感に反応します。牧羊犬などは、1km先の合図もわかるそうです。
視野が広く、距離や高さも正確につかめる目を持っています。人の全体視野が約210度に対し、わんちゃんは約250〜290度、ねこちゃんは約280度と言われています。
 
わんちゃんは以前では、白黒の世界しか見えていないと言われてきましたが最近では青・紫・黄緑の3色が見え、ねこちゃんはおそらく青と緑が見えると言われています。
暗闇でも良く見える目を持っています。なぜ暗闇でも良く見えるのかというと、網膜の裏にある反射板が、目に入った光を2倍にして使っているためです。またねこちゃんは瞳孔をまん丸に開き、明るい時は瞳孔が絞られて細い線のようになって光の量を調節します。わんちゃんは光を感知する細胞が人の7〜8倍もあります。
 
-
 
-
copyright 2008 Hurry Pet Clinic All Rights Reserved.