ハリーペットクリニック
Top Medical Services Hours & Maps About us column Health Libraly Recruit
 
通信「今月のハリー便り」を掲載します
ハリー便り」は当院の看護士が作成しています。毎月、楽しいイラストとわんちゃんやねこちゃんの役に立つ話などを掲載しています。イラストの中に、毎号「すいか」が登場します。どこかに隠れているかもしれません。探してみてください。
-
みなさん、おうちのわんちゃんの食事は年齢に合った食事を与えていますか?
年齢にあった食事を与えていないと、肥満の原因になったり、栄養が満たされないことがあります。

一般的に1歳未満が幼齢期です。
この時期に骨や筋肉、内蔵などが発達し、体の大きさがほぼ決まります。そのため成犬のカロリーのほぼ2倍が必要です。しかし幼齢期のわんちゃんの胃は消化機能が安定しないので、体重にあった量を1日3〜4回に分けて与えることが良いです。

1〜6歳くらいまでが成犬期です。
体の大きさがほぼ決まっている時期で、食事の目的としては体力の維持jとされています。そのため幼齢期と同じ食事を与えていると太ってしまいます。また、老齢期の健康状態にも影響を与える時期でもあるので、偏食や体重管理に注意して、栄養のバランスの取れた食事を与えましょう。

7歳を過ぎた頃から、様子を見ながら老齢期の食事に替えてあげても良いでしょう。運動量が減ってくると必要なカロリー量も減ってくるので、成犬期と同じ食事を与え続けていると、肥満や病気の原因となってしまいます。老化速度を遅らせる成分が入った食事もあります。

-
-
copyright 2008 Hurry Pet Clinic All Rights Reserved.